スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

春祭り

祭りと言うと、夏祭りを連想する方が多いかもしれませんが、
ウチの地区の祭りは春祭りがメインです。

各町内会ごと だんじりという、

巨大なお神輿に車輪がついたようなもの

を出します。

このだんじりの中に、4人子供が入り、太鼓を叩きます。
この太鼓叩きは乗り子といい、男の子限定です。

昔は、その家の長男限定だったそうですが、
現在では少子化により、次男・三男でもOKです。
もちろん四男もOKです。

女の子も。。。。という声もあるようですが、
そこまではなかなか変えられないようです。

dann.jpg

 だんじりと乗り子4人衆

次男と三男が下の方でうろついてます・・・。




kou.jpg

長男とだんじり

右下から次男が登って来ています。
手がニョキっと・・。




この乗り子の親の仕事ですが、

仕事1
まず、祭りの一週間前に、だんじりを引っ張る男衆の接待から始まります。
接待と言っても、公会堂で祝い膳の出前、と言う簡単なものです。

仕事2
当日は朝5時から、男衆の食べる昼食の用意をします。
これは、昔からおにぎりと煮物と決まっているようです。
公会堂の台所で作ります。

仕事3
祭りの終わった夜は男衆の慰労会の準備をします。
これも、公会堂で祝い膳の出前です。


仕事4
これらの接待・食事の費用は全て乗り子の親が出しますが、
町内の皆様がご祝儀をくれます。

そのご祝儀をくれた方宅に、祭りの次の日にお礼の挨拶に行きます。
全部で70件ほどになります。
足が棒になりました。。。

このご祝儀で、祭りの諸費用は全てまかなえるので、とても助かります。





祭りの会場の神社では、出店が出て、とても賑やかです。

boru.jpg

スーパーボールすくいに熱中している次男・四男・旦那。
旦那もだんじりを引く男衆なので、法被を着ています。



この祭りには基本的にスーツや着物をきて行くのですが、
やはり子供を連れていたら、そうもいきませんよね~。
大半の人は普通のおしゃれ(?)です。

が、結婚して初めてのお祭りには振袖を着ていく人が多いようです。

昨年結婚した柔道友達(22才)に会いました。

my.jpg


スーツや着物とはかけ離れた装いの私です・・・。
リュックもまだまだ必需品です。





私も着物を着て行きたい!と思いましたが、何年先の事でしょうかね・・・。











スポンサーサイト


未分類 | 2008-04-24(Thu) 20:01:27 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 宝の日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。