スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

発病

とりあえず三男は水疱瘡も落ち着き、保育園に行きはじめました。
まずはヤレヤレです。



四男の発病は、発熱から始まりました。


発病1日目 朝38.0℃
        元気なので、アイスノンをしたり、水分に注意して様子を見る。


発病2日目 朝38.0℃
        昨日と同じ


発病3日目 朝39.0℃
        少しぐったりした様子。
        
        かかりつけの小児科へ行く。
        インフルエンザの検査をするが、陰性。
        薬と座薬をもらい帰る。



発病4日目 熱は下がらず、ぐったりと寝たきり。
        全身に発疹が出て、再び小児科へ。

        血液検査の結果、肝機能低下
        その他、白血球、血小板の増加がみられ総合病院へ。

入院1日目 川崎病の可能性あり。
        この時点では、発疹、手足の腫れのみで、(退院しました参照)
        断定するには、条件が足りないので、抗生物資の点滴で様子をみる。
        細菌性の発熱なら、抗生物質で熱も下がるとの事でした。
        
        発熱から5日以上下がらなければ、川崎病の治療開始をするとの事。
        川崎病の治療は、血液製剤を使うので、簡単には断定できないそうです。



003_20080602134612.jpg


24時間、点滴につながれて寝ている四男。

(この写真は、すでに熱が下がって落ち着いた時の写真ですが・・・。)

 


小児科で肝機能が低下していると言われた時は、
頭の中がグルグルしてしまいました・・・。
「生まれつきなんですか!?」と聞いてしまいました・・・。

しかも、入院するほどの、病気になってしまった…と言う事が結構ショックでした。


その後、旦那に入院の準備をしてもらい、入院生活がスタートしました。



         
        
スポンサーサイト


子供 | 2008-06-02(Mon) 13:18:25 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 宝の日々 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。